山形県山形市の産業廃棄物収集運搬・処分

スタッフブログ

 » 
スタッフブログ

5月30日

今年も、事務所のバラが満開です。


担当者が変わり、ブログの更新も1年ぶりとなります。
(バラの記事が最後で、バラの記事が今年度最初)

新担当者共々、随時更新に努めてまいりますので、
宜しくお願いします。

今日、5月30日は「ゴミゼロ」の日です。

ゴミ(廃棄物)のご相談は、弊社までお気軽にお問合せ下さい。

カテゴリー:スタッフブログ

木質チップの身近な利用方法

ジオテック 「 Rose Garden 事業部(仮称)」よりお知らせです。

本社のバラが咲き始めました。

 

 

 

 

 

 

 

 

Angela(アンジェラ):クライミング:繰り返し咲き:微香:赤色

Iceberg(アイスバーグ):フロリパンダ:四季咲き:微香:白色 

 

本題です。

弊社が力を入れている「環境対策」の一つとして、廃棄物として排出される「木くず」の

再生利用があります。

解体材等は、燃料用チップとして排出していますが、より身近な利用法として

ガーデニング等の「マルチング材」としての利用法も有ります。

   ※マルチングとは、植えた植物の地表面(株元)をビニールなどで覆うことで、

    雑草の発生を防ぐほか、水分の蒸発や病害虫の発生を防ぐこと。

 

黒いビニールで覆われている畑を見かけますが、ガーデニングで使うのには

おしゃれ感が今一です。

そこで、見た目重視で「木くずチップ」を使ってみました。

 

 

 

 

 

 

数年使っての使用感。

1)雑草を防ぐ。。。光を遮断するために雑草を防ぎます。

2)乾燥を防ぐ。。。土の表面から水分が蒸発するのを抑え、急激な乾燥を防ぎます。

3)水はねを防ぐ。。。病気の原因となる泥の跳ね返りを防ぎます。

4)3年位たつと、木が白っぽく変色する。

5)コガネムシ等が住み着く。

長所、短所はありますが、「木くずチップ」の販売も行っておりますので

興味のある方は、お気軽にお問合せ下さい。

 

カテゴリー:スタッフブログ

ごみの不法投棄について

みなさまお世話になっております。

 

GW中は5日間のお休みをいただきご迷惑お掛けし申し訳ありませんでした。

 

私もこの時ばかりと家族を連れて近場ですがドライブに出掛けました。

 

その時に目に付いたのが

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

こんな看板です。

 

しかもこんな看板が設置してあるところは山道などの人目がつかない所です。

 

ゴミの不法投棄は「犯罪」で法律で禁止されている行為です。

 

以前に比べれば大分不法投棄は少なくなってはきているものの

 

根絶までは至っていないのが現状であるため看板で「威嚇注意」してるんです。

 

違反した場合の罰則は「5年以下の懲役若しくは1,000万円以下の罰金(法人は3億円)

 

又はこれらの併科に処せられ、また未遂の場合も罰せられます」

(廃棄物の処理及び清掃に関する法律第25条・第32条)

 

たかが「ゴミ」といえど大変重い罰則となっているんです。

 

またこんな看板もあるんです。      

  

 

 

 

 

 

 

 

 

 

「目」を表示することによって違法なことを犯す人に心理的な

 

プレッシャーを与える為のようです。

 

なぜここまでするのかというと当然ながら不法投棄ゴミの処理は原因者に

 

させることが当たり前なにですが原因者が判らなかった場合は

 

なんと不法投棄をされた土地の所有者(管理者)がしなくてはならないんです。

 

何気なくゴミを捨てることは無いでしょうが、その「何気なく」が大きな問題や迷惑を

 

起こすことがございますので充分に気を付けて下さいね。

    

 

 

 

 

 

 

 

 

追加:こんなユーモアがある看板もありました。

カテゴリー:スタッフブログ

白蟻注意

お世話になっております。

 

さて今回は、多分好きな方はいらっしゃらないと

 

思います白蟻についてアップいたします。

 

主に東北では「ヤマトシロアリ」がよく見られる種類です。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

(ヤマトシロアリの羽アリです)

 

この羽アリは4月~6月にかけて現在の巣では定員オーバーで

 

養いきれなくなると羽アリとなって巣を離れます

 

そして新しい食料があるところを探します。

 

本来白蟻は朽木や倒木を食料としているのですが

 

街中の白蟻は住宅を朽木、倒木と間違えて食料として

 

しまいます。よって要は白蟻が食料と間違わないように

 

自己防衛しておかねばなりません。

 

そこでなのですがお庭をお持ちの方!雪囲いの材料等を

 

雨の掛からない住宅の基礎付近に置いていませんか!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ここには通常「床下換気口」がある場合が多く湿気を好む

 

白蟻は換気口から床下に進入してくる場合があるんです!

 

白蟻も好き好んで床下に進入してくる訳ではありません。

 

白蟻も生きるため、より快適な場所に移動するんです。

 

よって基礎部分に木材等(特に枯れた植木なども)は置かない

 

のがベストです。保管は家屋からなるべく離れた場所に

 

保管しましょう!また不要になって使わなくなった雪囲いの

 

材料や物置小屋に眠っている「お宝」ガーデニンググッズ等は

 

このGWに整理してみるのは如何でしょうか。

 

意外と物置小屋の中にも何年も使わなかったデッドストックが

 

あるはずですよ!

 

ご自分で処分するのはめんどくさい、苦手だという方は

 

どうぞお気軽に弊社にお問合せ下さい。

 

庭木の伐採、抜根、庭石撤去等もやっております。

 

最後にもしこの連休中にお庭で「羽アリ」を見つけても

 

慌てないで下さい。羽アリは白蟻ばかりではなく黒蟻もいます。

 

またたとえ白蟻であっても必ずしも住宅に被害を及ぼすように

 

住み着くわけでもなくほんの一部の白蟻が悪さをするだけですから。

カテゴリー:スタッフブログ

山形市果樹剪定枝の無料回収開始

平成24年から始まりました「山形市内果樹農家」様から排出される「果樹剪定枝」

「無料回収」の受け入れが今年も始まりました。

 

 

 

 

 

(剪定枝)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

期間 4月3日から4月7日

   4月10日から4月14日

時間 午前9時から正午 / 午後1時から4時

受け入れ出来ない物等、注意点もございますので、不明な点はお問合せ下さい。

詳細は<<こちら>>

 

従来、「剪定枝」は野焼き等により、大量の温室効果ガスが発生しています。

弊社では、この温室効果ガスを減らし、更に、果樹剪定枝を堆肥として農地に還元して

リサイクルを行う事業に取り組んで参りました。<<環境対策>>

 

山形県村山総合支庁様、山形市様、山形農業協同組合様の協力のもと、

趣旨に賛同いただいた農家の皆様が、受付開始とともに続々と搬入いただきました。

 

 

 

 

 

 

 

今後とも、期間は限定されますが「無料回収」による地域協力、

環境保全協力に微力ながら参加させて頂きますので宜しくお願いします。

 

<追記>

今朝の山形新聞に痛ましい事故の記事が掲載されました。

ご冥福をお祈りいたします。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

「野焼き」について、山形県の取り組み状況 <<こちら>>

 

 

カテゴリー:スタッフブログ

新たな春を迎えるにあたって

みなさまお世話になっております。

 

さて本日から新年度となります。

 

会社勤めの方は昨日の年度末の繁忙から逃れられたかと思ったら

 

また一から新しい仕事が始まります。

 

学生さんは新たな進学を迎える方もいらっしゃるでしょうし

 

卒業されて社会に飛び出す方もいるかと思います。

 

本日から会社も学校も始まるので既にお引越しや不要になったものの

 

整理は終わっているかと思います。が、やっぱり捨てればよかった?と

 

いうものはありませんか。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

教科書(これはすでに捨ててるか?)参考書、捨てられなかった雑誌!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

休日に着ようと思っていた洋服!ちょうど衣替えの季節なので整理するチャンスです!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

弊社持ち込みで意外に多いのが寝具類!

 

 

本社がある山形市流通センターへの持ち込みも承っておりますので

 

どうぞお気軽にお問合せ下さい。

 

住所:山形市流通センター二丁目11-3(ビッグウイングから車で1分)

お問合せ先:023-664-0888

営業時間:9:00~17:00

カテゴリー:スタッフブログ

タイヤ処分って?

みなさまお世話になっております。

 

さてここのところ暖かく今日から3連休に入られた方々は羨ましい限りです。

 

さて暖かくなるとしなくてはならない事の一つに「スタットレスタイヤの交換」があります。

 

雪国ならではの行事ですが皆様のガレージや物置に使えなくなったタイヤは

 

眠ってませんか?

 

寿命を全うしたタイヤは一部を除いて「不要なゴミ」となってしまいます。

  

 

 

 

 

 

 

 

新しいタイヤをお買い求めになった時、お店で有償で引き取って

 

いただければ問題ないのですが、車を廃車にするときや新しい車をお求めになった時

 

保存していたタイヤのサイズが合わない等の理由でガレージもしくは物置の「肥やし」になって

 

しまいがちです。

 

車屋さん等プロの業者様からはタイヤ処分のご依頼を置け賜りますが

 

弊社では個人のお客様からのタイヤ処分のご依頼も喜んで承ります。

 

遠い昔はタイヤを畑等で燃やしておった時代もありましたが、今では

 

タイヤを燃やしたりすれば真っ黒い煙があがり火事と勘違いされ通報されかねません。

 

またタイヤ燃やした煙等は有害物質が出るため環境破壊にも繋がってしまいます!

 

もし処分にお困りの時は是非お問合せ下さいませ。

 

タイヤ本体のみだけでなくホイルが付いたままのタイヤでも大丈夫でございます。

カテゴリー:スタッフブログ

平成29年度営業カレンダー

平成29年4月1日から平成30年3月31日までの
営業日・水方作業場搬入受付カレンダーが完成しました。
水方作業場への搬入は、事前にご連絡の上お願いします。
電話 023-664-0888

カテゴリー:スタッフブログ

生前整理

みなさまお世話になっております。

 

今回はテーマにあります「生前整理」についてアップいたします。

 

「生前整理」って最近よく耳にしますし「実家」(親とは離れて暮らしている)の

 

片付け問題は頭を悩ませることの一つとなっているのではないでしょうか。

さて「生前整理」って言うと主にシニア世代の方々は仰々しくて

 

気が重くなってしまいがちです。

 

そこでシニア世代の方々には「老後の暮らしがしやすい室内作り」

 

置き換えては如何でしょうか。

 

私の母親も例外でなく歳を取るごとに気力や体力がなくなり片付けが

 

できなくなり「もったいない精神」も相まって余計に物をため込んでしまってます。

 

先程述べた「老後の暮らしがしやすい室内作り」に反して

 

収納にたっぷり使わないものをしまい込んでいるだけでなく「床にも物を置き始めました」。

 

床に物を置き始めると日々の掃除(掃除機等)にも苦労し、ついては

 

面倒くさいので掃除もしなくなることに繋がってしまいます。

 

また床に物があるとそれにつまずき転倒してしまう危険性も大です。

※日常生活の事故で緊急搬送された高齢者の原因の8割が転倒。発生場所の6割が住宅内(出所:2013東京消防庁)

 

よって特に生活動線上の床には物を置かないことが重要です。

 

シニア世代の方々に「ご自分にとって大事な物が何かをお知りになって

 

片付いた危険のない環境で生活を送って頂く」ためのお手伝いは

 

弊社でアドバイスさせて頂きますのでお気軽にお問合せ下さい。

カテゴリー:スタッフブログ

店舗内部解体その後

お世話になっております。

 

雪もそろそろ終わりかなと思ってましたが、昨夜遅くから降り始めた雪で

 

朝起きたら除雪までは必要無かったですが車や道路にはちょっとだけ

 

積もってましたね。弊社の仕事も積雪があると除雪からになってしまうので

 

天気には敏感になってしまいます。

 

さて外部の仕事ではなく内部の仕事の件を今回はアップいたします。

 

昨年、某繁華街の店舗(居酒屋)内部解体の仕事を頂き完工してました。

 

弊社の主な仕事は解体後の建物建築や造作物の制作までは携わらないし

 

解体工事を行う際に次に建築するものに差し障りのある事項のみ

 

お聞きすることが普通です。

 

そんな中でお取引様から業者会合の連絡があり、たまたまそのお客様の担当が昨年店舗内部

 

解体を担当した社員だったので、その社員はどんな内部に変わったのか

 

興味津々で出席して参りました。

 

新しいお店は「焼き鳥屋さん」にリノベーションされていたそうです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

さすがに店舗内写真はアップできないので美味しそうな「焼き鳥」をアップします。

 

今回のように特に店舗内部解体工事が終わった後に「その後」を見に行くことは

 

中々ありませんのでいい機会を頂いたと感謝しております。

 

このように弊社業務では家一軒まるごと解体等大きな工事ばかりではなく

 

店舗等のリニューアル又は閉店売却物件購入に伴う造作物撤去工事等も

 

よろこんでお受けいたしますので何なりとご相談下さい。

 

 

カテゴリー:スタッフブログ

次の10件を読む>>